つみたてNISA損益結果を随時更新しています

【2020.12.7】つみたてNISA(積立NISA)結果公開ブログ2年目【楽天証券】

つみたてNISA 損益結果12月7日

こんにちは。

2020年12月7日のつみたてNISA 損益結果です。

この投稿をみて、つみたてNISAやってみようかな?と思っていただけたら嬉しいです。

老後2000万円問題で、老後資金が心配になる。色々調べ、つみたてNISAを2019年3月から恐る恐る始める。コロナショックを経験し、今に至る40代主婦です。

では、含み損益から行ってみましょう!

  • 12月7日 含み損益は、95,149円でした。

続いて、買付額・含み損益・評価額を棒グラフにしてみました。

可視化した方が、よりわかりやすいですね。

赤い部分が含み益になります。

青い部分が自分で積立してきた額です。

そして、グレーぽい部分が評価額になります。

今、これだけの価値がありますよ〜みたいな感じです。

銀行に貯金しても、17.20%は増えませんよね。

  • 累計買付額 553,250円
    • 累計買付額→ 自分で積立した分 
  • 含み損益額 95,149円
    • 含み損益→ 運用で生まれた損益
    • あくまでも”含み”なので売却しないと利益は貰えない
  • 評価額   648,399円
    • 評価額→ 買付額と損益を足した数
今日、売却すれば…

553,250円 の積立額に対して

648,399円

返ってきます。

前回の結果

税金について

通常なら利益に、約20%の税金がかかります。

95,149円の20% → 19,024円が税金で消滅します。

しかし、つみたてNISAは違います。

ここがつみたてNISAのメリット!

利益分に対して非課税なのです。

95,149円の利益そのまま、財布の中にはいってくるわけです。

20%は大きいですよね。

2020年12月の買付額

12月の買付額は、合わせて40,000円分でした。

内訳は、以下の通りです。

  • 楽天VTI 25,000円分
  • eM 米国株式(S&P500) 15,000円分

2019年3月から現在までの増減グラフ

含み損になったのは、コロナショックの時ですね。

2020年の3月〜4月のことでした。

着実に右肩上がりで、増えてます!

皆さんも、少額から始めてみてはいかがでしょうか?

積立するために、固定費もかなり削減できました。お金に対する価値観も変わりました。

地方銀行、メガバンクに貯金をしても増えません。

お金って増えるんですよ。

40代になるまで知りませんでした。

同世代の方なら、少額から始めてみてください。

お子さんがいらっしゃるなら、是非教えてあげてください。

これからの時代、子供世代がなにかと生きづらくなると思うんです。

皆さんの不安が少しでも減りますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA