つみたてNISA損益結果を随時更新しています

【自動車税】少しでもお得に支払う方法2020年度版

自動車税を少しでもお得に支払いたい、損だけはしたくない。ポイントが戻ってくる方法ってなんだろう?

毎年5月にやってくる、自動車税。

車を所有していたら、避けられない税金ですよね。

支払うのは支払うんだけど、出来るだけお得に支払いたい!

損はしたくないって思ってしまいます。

ましてや、こんなご時世です。

1円たりとも無駄にしたくありません。

これから紹介するのは、こう言うケースもあるんだなぁ位の感じでご覧いただけたらと思います。

クレジットカードによってはチャージ還元など

もっと良い方法があるかもしれません。

自家用乗用車の総排気量によって、楽天クレジットカード払いがお得か、PayPay払いがお得か変わる

少し調べてみたのですが

自動車税は、楽天クレジットカード支払いがお得です!

いや、自動車税は、PayPay支払いがお得です!

一概に言えないことがわかりました。

次の表でまとめてみましたのでご覧ください。

楽天クレジットカード払いと、PayPay払いの還元ポイントを比較してみた

代表的な楽天クレジットカードとpaypayでどれだけ差が出るのか比較してみました。

楽天クレジットカード払いは、決済手数料が330円かかりますので

還元ポイントから330円を引いて計算しています。

例えば、10,800円であれば

10,800円×1%(0.01)=108円

108円から決済手数料の330円を引いて計算しています。

自治体(お住まいの県)によって若干手数料が違う様です。

自動車税納付書に同封されている書類に記載されていると思うので確認されてくださいね。

PayPayの還元率については使用頻度で三段階ある様です。

詳しくは公式サイトで調べてみてくださいね。

楽天クレジットカードとPayPayの還元率表

納税額楽天カード
還元P-330円
paypay0.5%paypay1%paypay1.5%
10,800🔺22254108162
29,500🔺35147295442
34,50015172345517
39,50065197395592
45,000120225450675
51,000180265510765
58,000250290580870
66,500335332665997
76,5004353807651140
88,0005504408801320
111,00078055511101665

マス内の数字は、還元されるポイントになります。

PayPayを使いこなしている方は

断然PayPay払いがお得です。

私みたいに、あまりPayPay使わないよーって方は

ほとんどの方が、PayPay還元率が0.5%じゃないでしょうか?

楽天クレジットカード VS PayPay還元率0.5% となった場合

楽天クレジットカードの方がポイントを多く貰えるケースもあります。

58,000円以下ならPayPay支払いがベスト

66,500円以上なら楽天クレジットカードがベスト

わたしの車は39,500円でしたので、PayPay払いをしました。

付与予定の金額は197円です♫( ´ ▽ ` )

たった197円なのか、197円も得をした!なのか

人それぞれですが、1円も無駄にしたくないのが性分であります。

楽天クレジットカードを作ってみる

楽天カード

新規入会&利用で、5,000ポイント貰えます。

期間によっては、7,000ポイントだったりすることもあります。

この投稿は、2020年5月6日ですので日にちが経過した場合

貰えるポイントが変更になっているかもしれません。

1度、確認されてみてくださいね。

年会費は永年無料です。

もちろん、年会費はずっと無料です。

楽天銀行口座開設で、プラス1,000ポイント

楽天銀行

引き落とし口座は、楽天銀行で♩楽天銀行間の振り込みは、手数料無料ですよ。

PayPayアプリをスマホに入れてみる

PayPayアプリをダウンロード

まとめ

自動車納税額によって、お得な支払い方法が違ってくる。

PayPayの還元ランクにもよりますが

PayPay還元率0.5%と仮定して

58,000円以下の場合、PayPay払いがお得

66,500円以上の場合、楽天クレジットカード払いがお得になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA